ひだまり2月号No305
11/16

笑顔をあなたに笑顔をあなたに日置市役所で働く山元さん。国民健康保険係で主に療養費の給付を担当しています。「お客様の年齢層が幅広いので、その方に合った説明ができるように心掛けています。また、お金の取扱いには充分に気をつけています」と山元さん。1年目の山元さんは仕事について「周りの先輩方が優しくて、可愛がってくださるので、とても楽しいです」と話します。スポーツ観戦が好きな山元さん。色々なジャンルのスポーツを観るそうで、オリンピックはほとんど観ています。リオデジャネイロオリンピックの時は、姉妹3人でレスリングの吉田沙保里選手の決勝での敗戦を観て、3人ともショックで眠れなかったそうです。「この1年で国民健康保険のことを勉強してきたので、早く独り立ちできるように頑張りたいです。そして、日置市についても、もっと勉強していきたいです」と話してくださいました。伊集院地区  山やまもと元 育いく美み さん(24)吹上町でだいち整骨院を営む大知さん。高校時代に投てき競技をしており、腰のケガなど何度もケガを経験し、痛みの辛さから「健康であることの幸せ」を改めて感じ、柔道整復師を目指しました。「患者さんの症状が悪化しないように、やりたいことができるようになるための治療に努めています」と大知さん。治療では、身体の動かし方やストレッチ・筋力トレーニングの方法など、完治後に痛みが出にくい・ケガをしにくい身体作りの指導も取り入れています。2月には、伊集院町に訪問看護ステーションを開設します。精神疾患に特化した訪問看護で、精神状態のケアや健康状態の観察、対人関係の支援などをします。「患者さんの症状が安定し、希望を持って生活できるように支援したいです」と話します。整骨院と訪問看護を両立していく大知さん。「地域の方々が心身ともに健康になるようお手伝いします」と話してくださいました。吹上地区  大だい知ち 佑ゆうすけ介 さん(30)きばっちょっど“地域の方々が心身ともに健康になるようお手伝いします”“早く独り立ちできるように頑張ります”11ひだまり 2018年2月号

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る